寝相が悪いのは悪いことではない?

on

寝相と脳の関係

子供というのは寝相が悪い、一緒に寝ると首元にキックが入ったり、自分のお腹の上に足が落ちて来たりする・・・どうしてこの子はこんなに寝相が悪いのか?ともってママ友に話をしてみると、うちの子もものすごく寝相が悪いと聞くこともあります。
子供の寝相が大人よりもずっと悪い、実は脳との関係がすごく深いのです。

昼間遊びの中で体を思いきり動かしている子どもは、体に熱を盛った状態で睡眠に入ります。
睡眠中は手足から熱を発散し、体の奥の熱を下げるという行動をとっています。
体と布団が接している部分は、温度、湿度共に高くなり、熱を逃すことが出来ないので、布団を蹴飛ばし、布団の上に寝たり、自然と熱を逃す行動を寝ながら行っているのです。

寝相が悪い事は悪い事じゃない

こうした寝相の悪さを見せてくれる子は、昼間思い切り体を動かして体内に熱をためているという証拠になりますし、日中の運動量やエネルギー量が多く、体をしっかり鍛えているという事もわかります。
また深い眠りになるほど、寝相が悪くなるので、寝相が悪いという事は昼間体を思いきり動かすことが出来たという証明になるのです。

確かにあれだけ寝ながら動いているのに、起きないというのは深い眠りについているという事がわかります。
布団から飛び出してごろごろ転がるように寝ている子どもは、しっかり脳を休息させることが出来ている状態ともいえますので、脳が健康に発達していく過程で、寝相が悪いお子さんは、非常にいい状態を保っているという事がいえるのです。

逆に注意が必要なとき

大人になると次第に寝相の悪さが無くなり、大人しく布団の中で眠る事が出来るようになります。
これは基礎代謝が下がる事によって深く眠る事が出来なくなるためで、子どものように代謝が活発なときのように動くことが出来なくなります。
子供は寝相が悪いという事を心配するよりも、全く動くことなく大人しく寝ているという方が逆に心配です。

もしかしたら、日中の運動量が足りていない状態で、代謝が低くなっているなど、体内の温度調整を行う必要にない状態になっていることも考えられます。
寝相が悪くないお子さんは日中、思い切り遊ばせてみてください。
勿論、寝相が悪くないから健康を害するという事はありませんが、思い切り遊んで思い切り寝るという子供らしい生活の方が、脳の成長も活発になるようです。

子供は外の世界で刺激されることで脳の発達をどんどん促していくといいます。
山、膿などの自然の中にいること、自然の刺激をいっぱいに受ける事が脳の発達をより促すという事も言われていますので、たまにはご家族でキャンプなど、自然の中のアウトドアを楽しむという事でもいいでしょう。