子どもの養育費について

子供1人を成人させるまでに必要な養育費というのは、ライフプランの中にしっかりと入れ込んでおかなくてはなりません。

どのように子供が成人していくかといった過程によって必要な養育費も決まって変わってきます。

私立と公立で大きく違う

まず基本的に子供が高校を卒業するまで必要になってくる金額は、1500万から2700万円だと思っておきましょう。

ただしこれはあくまでも公立の幼稚園から高校までの計算になっています。

そのため、途中で私立の中学校に通ったり高校が私立だったりすると金額はさらに大きくなってきます。

私立の幼稚園と公立の幼稚園では倍以上も必要になってくる経費が変わっているので、こうした部分も考えておかなくてはなりません。

基本的に私立と私立では中学も高校も金額が倍は変わってくると思っておきましょう。

そこに大学への入学を考えるのであればどのような大学に進むかによって養育費はさらに変わってきます。

私立医療系が一番高い

子供が大学に入学したいと言った時、国立大学に入学させるのか私立に入学させるのかによって、入学金やその他卒業までの費用を計算しなければなりません。
国立大学を卒業するまでに必要な金額はおよそ500万円と言われています。

私立の場合には文系で600万円前後。

理系の場合には750万前後を計算に入れておきましょう。

大学で最も費用が必要になってくるのは私立の医科または歯科になります。

このような医療系の大学は卒業までに3000万円近い費用が必要になってきます。

そのため、すべてを効公立で過ごすお子様に比べると3倍近くの費用が必要になることがわかります。

金銭的な都合で子供の将来を我慢させてしまうというのは、保護者にとって非常に苦しいことですが現実的な部分をしっかりと考えながら子供が生まれた時から、将来的に資金についてもある程度導いていく必要があります。

子供が小さなうちから将来計画を立てておくこと

近年では出産前の段階で妊娠中からでも加入できる学資保険などが増えてきました。

出来る限り子供が小さいうちに将来的なことを考えて貯蓄を始めることが大切です。

子供が1人成人するまでには、途中でマイホームの購入や車の購入さらには、その他様々な費用が必要になるでしょう。

そういった部分を踏まえながら、せめて子供にかかる費用は少しでも貯蓄から捻出できるように各種保険などを活用しましょう。

学資保険の他にも銀行の定期預金などを活用して将来の子供のためにお金を貯めていると言ったご家庭もたくさんあります。

早いうちからこのような準備を進めていくことで、多くのイレギュラーな場面にも対応できるようになるでしょう。

子供一人育てるためには、莫大な費用が必要になるということを現実的にしっかり考えなければなりません。