ハムスターの飼い方

on

癒し系ペットの代表、ハムスター

ハムスターはとても小さく愛くるしい見た目からとても人気のペットです。
見ていても癒されますし手に乗せて一緒に遊ぶのも癒されます。
ペットとして飼育しやすいということもあり多くの人が自宅で飼育しているペットです。

ハムスターは体も小さいために飼育スペースもあまり必要ないためにマンションやアパート、一人暮らしの人の部屋でも十分飼育ができます。
そのため簡単に飼育できると思われがちですが、きちんと飼育にあたっては情報を集めて準備をしておくことが大切です。

ハムスターを飼育するにあたって必要なもの

ハムスターは種類がいくつかあります。
もちろん種類によっても金額が違いますが人気のあるジャンガリアンハムスターやゴールデンハムスターでも1000円から2000円ほどが相場です。
ハムスターと必要なケージやエサ入れ、おもちゃ、餌などを購入すると初期費用としては10000円ほどあれば十分といわれています。

毎月の飼育にあたっては餌やトイレ砂などが必要です。
初期費用以外には毎月の飼育費用として3000円ほどあれば十分に飼育ができます。
飼育にあたっての費用もかなり抑えられるという点でもハムスターは飼育しやすいペットです。

ハムスターは繊細

ハムスターを購入したらすぐにたくさん触れ合いたいと思う人も多くいます。
しかし、ハムスターは繊細です。
連れて帰った初日から慣れない環境であまりにもたくさん自分よりも大きな人間にたくさん触れられるととても怖くて警戒をしてしまいます。

そこで連れて帰った初日は体に触れず少しずつ時間をかけて慣れていくようにすることが大切です。
慣れてくればハムスターともきちんとコミュニケーションが取れるようになりますから最初から必要以上に接触する必要はありません。

連れて帰った初日は餌と水だけを与えて静かな場所で慣れさせるようにします。
ケージを段ボールや布で覆って暗くしておくほうがハムスターは安心して過ごせますが、一面だけは通気孔を用意しておくことが大切です。
ハムスターは音に敏感なので音に気を付けつつ一緒に過ごし、様子を見ながら場に慣れてきたら覆っているものを外して少しずつ日常生活に慣らしていきます。

ハムスターは小さくて飼育しやすい動物ですがやはり無責任に飼育することはしてはならないことです。
仲良く過ごすためにもハムスターのためにもきちんと知識を身につけたうえでの飼育をしてあげないと病気になることもあります。
飼育しながら不明点が出てきたらペットショップや医師に相談をすることが大切です。

一緒の生活に慣れてきたらケージの中で走っている姿やおもちゃで遊ぶ姿、餌を食べる姿など癒される瞬間がたくさん出てきます。
可愛い姿はとても癒されますしハムスターから寄ってきてくれるようにもなるのでしっかりと愛情をかけて育てるようにしましょう。