仕事をスムーズにする「便利な文房具」の紹介

オフィスで仕事をしていく上で便利に使える文房具が次々と発売されています。

時代が変わるとともに、文房具に求められるニーズも変わり、デザインだけでなく機能性も向上しているので特に使いやすいものを買い揃えておきましょう。

>>http://suzie-news.jp/archives/10749

鉄板ともいえるネームペン編

社会人になると様々な場面でハンコを押すことがあります。

印鑑とボールペンが一緒になっているタイプのネームペンは本当に重宝してくれます。

近年では一色のインクだけではなく、数種類のインクを同時に使用できるタイプのネームペンが販売されているので、こういったものであれば需要も高くなるでしょう。

印鑑の部分に対し、専用の詰め替えインクやペン部分でも詰め替えインクなどが販売されているので、長期間にわたって使うことが可能です。

1本持っていれば様々な場面で活用できるので社会人になったらぜひ作っておきたいアイテムになります。

書類を止める際に便利なアイテム

大切な書類をまとめる際には、ホッチキスを使用するわけにいきません。

そのため近年ではホチキスを使用せず書類をまとめられるようなアイテムがどんどん出てきています。

穴を開けてまとめるタイプのものや、穴ではなく紙を傷めないピンを使うタイプのものなどがあります。

また、ノートに直接穴を開けてインデックスを作ることができるアイテムもあるので、見出しとして使うにも良いでしょう。

針で直接紙に穴を開けることもなく前述の通り、大切な書類であっても傷をつけてしまう心配なありません。

メモ関係でも様々なアイテムがある

ちょっとした伝達内容を伝えるための用紙から、日頃持ち歩くスケジュールノートまで様々なアイテムがあります。

特に男性がスーツを着た際に胸ポケットに入れるとチーフのように見えるデザインや、とても小さくカットできるメモ用紙などが人気を集めています。

その他メモをとるためのペンに関しても非常に多くの便利アイテムがあり、文字を書くだけでは無くノリとして使うこともできる多機能なものもあります。

ペン先が複数になっていて太いラインから細いラインまで1本で使用できるものなども重宝してくれるでしょう。

このような文房具はハイテク文房具と言われることもありますが、インターネットではさまざまな商品が紹介されているので、需要に応じて揃えていきましょう。

大切な部分をチェックするための付箋に関しても多くのデザインがあり、リボンの形をしていたり、ハートの形をしていたりとおしゃれにビジネス用品を彩ることができます。

細いタイプの付箋に関しては覚えたい部分に上から貼り付け答え合わせをするような形で使用することもできます。

毎日忙しくお仕事をしている人は、ToDo リストとしてとてもシンプルなタイプを持っておくと管理しやすく、過ぎた日の分を取り除き新しく白紙のToDo リストを加えることも出来て便利です。