パソコンでの仕事を効率化する方法

パソコンで様々な仕事をする上で両手を使った作業ですから、効率が悪いと感じてしまうこともあります。

どうすれば仕事の効率化を図ることができるのか、パソコンを使用するお仕事をされている方は細かなコツを覚えておきましょう。

キーボードのボタンとショートカットを覚えておく

基本的にはまずキーボードのショートカットをしっかり覚えておくことが大切になります。

左手でキーボード、右手でマウスを操作しながら仕事をしていくと非常に長い時間がかかってしまいますが、ショートカットをうまく活用することでどんどんパソコン画面を切り替えながらタスクをこなしていくことができるでしょう。

ブラインドタッチができることだけでなく、ショートカットを覚えているか否かで仕事の効率は大幅に変わってきます。

コピー機能や切り取り機能、その他にもはりつけやタブの削除、アプリケーションの終了など多くのショートカットがあります。

これを覚えておくとその都度マウスを動かすといった作業がなくなるので、それだけでも大幅な時間短縮につながるでしょう。

デスクトップの表示方法にも気を配る

特に詳しい知識を持たない方はパソコンが初期設定された状態のまま使っていることがあります。

しかし、パソコンのデスクトップに少し変化を加えるだけでパソコンはとても動作が軽くなり使いやすくなります。

例えばデスクトップの背景が透明になっている設定の場合、この透明感を無くした状態で使用すると動作がとても軽くなります。

またこのほか、デスクトップにさまざまなファイルを配置して仕事をする人がいますが、可能な限りデスクトップには置かないことが大切です。

ファイルがあればあるほど動作が重たくなりますので、一つのフォルダなどにしっかりとまとめデスクトップはクリーンな状態を保ちましょう。

もちろん定期的にクリーンアップをすることも大切です。

自分の体をケアするためのアイテムも取れる

長時間にわたりパソコン作業をしていると目が疲れたり腰が痛くなったりすることがあります。

このほかにも肩こりや頭痛、腰痛などに悩まされることがあるでしょう。

こういった部分をしっかりとケアしてあげるだけでも仕事の効率は上がり、はかどるようになります。

近年注目されているブルーライトをカットしてくれるタイプのメガネはとても重宝します。

長時間画面を見ていると、どうしても目が疲れて眼精疲労や肩こりにつながるので、どんどん活用していきましょう。

画面を見る上で目に対する負担を軽減してくれるので疲れを感じにくくしてくれるといったメリットがあります。

このほかには腰が痛くならないタイプのクッションや椅子などを活用し体の疲れを軽減することも大切です。